血管が詰まる

ナースコール

心筋梗塞は、冠動脈が血栓などにより詰まってしまうことによって、心筋に酸素がいきわたらなくなり壊死してしまう状態のことを言います。
症状は、胸に強い痛みや冷汗が出るなどがあげられますが、高齢者や糖尿病などの持病がある場合は、痛みを感じない人もいます。
危険因子としては、高血圧や糖尿病、肥満などの生活習慣病のほかに、ストレスなども大きく影響しているといわれています。
強いストレスを感じると血管がけいれんを起こすことがあり、この痙攣が大きいことで心筋梗塞になってしまうことがあります。
また、心筋梗塞には、胸の付近に圧迫されたような痛みを感じたり、奥歯や下あごに痛みを感じるなどのいくつかの前兆がありますが、人によっては前兆もなく突然発症してしまう人もいます。

心筋梗塞と同じように胸に痛みが出る症状に狭心症があります。
狭心症は、冠動脈が狭くなることによって一時的に心筋が酸素不足になった状態のことを言います。
心筋梗塞と狭心症の違いは、心筋が回復するかどうかの違いです。
狭心症の場合は、胸の痛みなどの症状が出ても数分程度で回復する場合が多くなっています。
原因の多くは動脈硬化などにより冠動脈が狭くなってしまっていることで、階段の上り下りや激しい動きなどをすると心筋に酸素がいきわたらずに症状が出て、安静にすると症状が和らぐのも特徴の一つです。
狭心症の薬物療法では、血流を良くする薬などが用いられますが、痛みなどの症状が出た場合にはニトログリセリンを服用すると症状が和らぎます。